「時間」と「収入」のピラミッド構造

知識ゼロ、経験ゼロからでも

収入の柱を増やす専門家 紀村奈緒美です

 

書籍「貧困40代シングルマザーが金持ち母さんになれました。 時給760円→37,000円!」

ぱる出版 ぜひ読んでください!

 

雇われて給料をもらっている人は時間を提供して働いているので、

 

提供している時間以上の収入は増えません。

 

自営業や専門家は、就業時間が決まっていないので

 

自由に働けるように思えますが、自分が働かないと収入にならず、

 

例えば、1か月体調をくずして入院してしまったら、全く収入にならないのです。

 

 

一方、ビジネスオーナーは組織に働いてもらう人を意味します。

 

従って組織が働くので、自分の時間はほんの少しで済みます。

 

例えば、自営業で仕事をしていると、

 

仕事上のトラブルやクレーム対応に時間がとられているとその間、

 

新規収入のための活動が滞ってしまいます。

 

サラリーマンの人でも経験があるのではないでしょうか?

 

クレーム対応というのは本当に時間と労力を使います。

 

だからこそ、クレームが発生しないような事業活動が望ましいのです。

 

 

一方で、組織で収入を得ている人は、

 

クレームが発生したら、

 

クレーム対応はクレーム対応部隊に指示を出し、

 

担当者が対応し、その一方で通常の営業販売活動は営業部隊が対応します。

 

そして自分は報告を待つのみです。

ゼロから始める自分の代わりに働く資産づくりメールマガジン

*メールアドレス
*お名前(姓・名)
*性別
*都道府県
*年代
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事