あなたをお金持ちにする3つの収入タイプ

知識ゼロ、経験ゼロからでも

収入の柱を増やす専門家 紀村奈緒美です

 

書籍「貧困40代シングルマザーが金持ち母さんになれました。 時給760円→37,000円!」

ぱる出版 ぜひ読んでください!

 

あなたをお金持ちにする3つの収入タイプ

 

本業の収入を軸として、家賃などの不動産を活用した収入と、

それ以外に権利的な収入を持つのが望ましい収入のトライアングルです。

 

いまだからこそ、この3つの収入タイプについて解説ができますが、

サラリーマン副業をスタートしたばかりの私には、

無我夢中で収入タイプについては理解していませんでした。

 

本業収入というのは、サラリーマンであれば会社員としての仕事、

自営業であれば自営業の自分の仕事、

複数事業の経営者であれば権利的な収入が組織運営している収入になりますが、

本業というのは経営判断をする自分自身になります。投資家もそうです。

 

 

投資判断をする自分自身が投資家としての本業になります。

 

本業と権利的な収入、不動産の収入を切り離している理由は、

健康上の理由など、自分が判断をすることができない、

仕事を本当に休まなければいけない時になったときには、

投資家でも組織事業家でも自分の本業がお休みになります。

 

 

そうなったときでも、他の収入の柱があれば十分安定的にささえることができます。

 

この文章をお読みの方の多くは、

自分の時間を提供している会社員であったり、

自分のスキルを提供している自営業の方が多いと思います。

 

自分の力で働く収入以外にも、

自分がなにもしなくても入ってくる収入を持つことは

心の余裕、健康への配慮、安心して休める、そのような余裕に繋がります。

 

 

会社員だったとき、健康診断の一次検査で要検査になった項目がありました。

 

精密検査を受けるには、大きな病院にいかなければなりません。

会社の業務が多忙で、なかなか精密検査を受けられず、半年が経過してしまいました。

 

 

しかし、ふと我に返り、会社の仕事と自分の健康どちらが大事かよく考えて、

仕事を半日休み、大きな専門病院を予約受診しました。

 

幸い、とくに大事にはいたりませんでしたが、

健康診断結果から数か月のうちにあっという間に病状が悪化する例も少なくありません。

 

自分の健康を守るのは自分です。

 

職場の同僚や上司に気を使って、病院に行きたいからお休みをいただきたい、

となか職場の同僚や上司に気を使って、病院に行きたいからお休みをいただきたい、

となかなか言い出せなかった私。

 

 

新入社員でもあるまいし、中堅のベテランですが、

職場の雰囲気って人の気持ちを萎縮させてしまうときがあります。

 

自分の大事な優先順位に気づいてよかった。

ゼロから始める自分の代わりに働く資産づくりメールマガジン

*メールアドレス
*お名前(姓・名)
*性別
*都道府県
*年代
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事