貧乏人は「積み立て」、お金持ちは「回転」

知識ゼロ、経験ゼロからでも

収入の柱を増やす専門家 紀村奈緒美です

 

書籍「貧困40代シングルマザーが金持ち母さんになれました。 時給760円→37,000円!」

ぱる出版 ぜひ読んでください!

 

貧乏人、すなわち、お金を貯める能力が少ない人が間違えてしまうのが、

「積み立て」という言葉に惑わされがちです。

 

積み立てているだけではお金は増えません。

 

またよくあるのが投資信託、外貨購入。

これは、積み立てていても、そもそも元本の信託や外貨が変動するため、

預けた分よりも減るリスクがあります。

 

積み立てをするのは、貯蓄習慣を身につけるため、と割り切ること。

 

お金を貯める能力が少ない人は、生活習慣として、

収入に対しての支出が多いのです。だからお金が貯まりません。

そこで、強制的に積み立てをして、貯蓄する分をわける方法は有効です。

 

一方、お金持ちは、お金は回転させるものだと考えています。

 

「お金は貯めるものじゃないの?回転なんて聞いたことがない」というのが一般人。

 

お金持ちは「お金を早く回すこと」を常に考えています。

 

お金の回転数をたくさんアップさせること

 

高回転にする

 

これができるようになると

 

せっせとお金が自分の代わりに働いてくれます

 

かつては、日本でも貯金として預けておくだけで

高回転の金融商品がたくさんありました

 

でも、いまの日本の金融商品は回転数がゆっくりなのです

 

普通預金で0.01%、定期預金で0.1%

 

回転数がゆっくりのところにお金を置いていると

ゆっくりしか働いてくれませんね

ゼロから始める自分の代わりに働く資産づくりメールマガジン

*メールアドレス
*お名前(姓・名)
*性別
*都道府県
*年代
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事