自分自身を「時価総額を換算」する

知識ゼロ、経験ゼロからでも

収入の柱を増やす専門家 紀村奈緒美です

 

書籍「貧困40代シングルマザーが金持ち母さんになれました。 時給760円→37,000円!」

ぱる出版 ぜひ読んでください!

 

自分自身を「時価総額を換算」する

 

本来はもっともっと見えない自分の資産価値をたくさん持っているのです。

 

まずは、時価換算する上で、プラス評価できる材料を探します。

 

例えば、「人づき合い力」。

 

人づき合い力って数値化するのは難しいのですが、

人づき合いが上手な人と下手な人がいます。

 

人づき合いが上手な人は、先天的に上手な人もいますが、

いろいろと社会経験を経て努力したり、配慮したり、

教えてもらって覚えたりすることで、

人づき合い力を能力として高めている人もいます。

 

 

この人づき合い力は、数値化できないのですが、

こういう能力が必要な場面では絶大な効果を発揮します。

これを価値換算するのです。

 

また、仕事で培った能力を分解すると、

他でも活用できる能力になります。

 

例えば、エクセルがすごく得意、

パワーポイントがすごく得意、

プレゼンテーションが得意、

会議室の並べ方を作るのが得意、

受付が得意、

飲み会の場所確保が得意、

飲み会のときの席決めが得意、

カラオケが得意、

お茶出しが得意、

会議の裏方準備が得意、

スタッフのとりまとめが得意、

スタッフの気持ちを汲んでいくのが得意、

若いスタッフの管理が得意、

高齢のスタッフの管理が得意、

 

とにかく分解してみると実はいろいろな得意能力があります。

 

気づいていないし、本人は得意だと思っていなくて、

当たり前にやっているだけかもしれませんが、

苦手な人からみたら、それはスキルなのです。

自分の得意なスキルはプラス材料です。

 

他には、「経験」ですね。

経験値は、その物事を長年やっていればやっているほど

価値があがります。

 

 

あなたに備わっている経験は、やればやるほど、

価値がずっと向上する減らない資産、増え続ける資産価値なのです。

 

例えば、

流通業界での経験、

製薬業界での経験、

広告業界での経験、

医療業界での経験……。

 

様々な業界での経験値はプラス材料です。

 

ブラック企業にお勤めだった経験だったり、

 

風俗業界にお勤めだった経験だって、

 

立派な経験です。

 

あなたの経験はすべて価値があります。

 

更に、熱中できる詳しいこともプラス材料です。

できるだけオタク並みに詳しければ詳しいほどプラス材料です

例えば、国内だけでマイルを

どんどん貯める方法を誰よりも詳しく知っている国内マイラー。

 

コンビニのアイスを全制覇しているというコンビニアイスオタク。

 

アイドルオタク。

 

ふわとろオムライスの美味しいお店を100店知っていて食べ歩いた人。

 

携帯アプリのことならなんでも詳しい人。

 

自撮りをものすごく簡単に上手にとれる方法を知っている人……。

 

オタク並みに詳しくなくても、

 

知らない人から見たら、知っている、できる、詳しい、

熱中するほど好き、というものはあなたの資産です。

 

プラス材料です。

 

プラス材料を出し尽くしたらレイティングして、一覧表にまとめます。

 

評価はAが仕事になるぐらいできる、

Bが周りの人の中では一番上手、

Cが他よりも上手など、三段階ぐらいで分けてください。

 

想定年収も、もし仮に自分がいなくて誰かに

任せたらいくらコストがかかるか、

あるいは自分がいくらで収入が得られそうかなど、

 

これが収入化したらいくらになりそうか、という想定年収を書き出してみます。

 

自分の能力の中でプラス材料を探す→材料を評価する→材料を年収化する

 

これで、自分の時価総額がさらに上がります。

ゼロから始める自分の代わりに働く資産づくりメールマガジン

*メールアドレス
*お名前(姓・名)
*性別
*都道府県
*年代
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事