あなたの現在の時給は適切なの?

知識ゼロ、経験ゼロからでも

収入の柱を増やす専門家 紀村奈緒美です

 

書籍「貧困40代シングルマザーが金持ち母さんになれました。 時給760円→37,000円!」

ぱる出版 ぜひ読んでください!

 

あなたの現在の時給を計算してみましょう。あなたの現在の時給は、1か月の総収入(手取り)を1か月の総労働時間で割るとでてきます。とてもシンプルですね。

あなたはいまの時給に満足していますか?また、年齢×1万円をかけた金額が期待月収だという人もいます。他にも年収期待値を出す方程式があります。

年齢×(税引き前の年間手取り)÷10

これがあなたの年齢における総期待価値です。ただし、高い給料のサラリーマンは往々にしてもっと労働時間を投下しています。

1日10時間労働し、休日は海外との電話会議などもあり、

仮に休日に4時間労働しているとします。

 

1か月に252時間、年間で3024時間になります。

これを年収2000万円で割ると、時給は6613円になります。

 

サラリーマンという雇われ人の枠の中では年収の限界枠があります。

それは業種や年齢や役職によって異なりますが、おおむね限界があります。

 

国税庁が発表している民間給与実態調査によると、平均給与は420万円。

 

平均的な1年間の勤務時間を算出すると、

1日8時間労働が22日、残業を月に20時間すると1か月196時間で、年間2352時間。

 

年収420万円を2352時間で割ると、平均的な日本の給与所得者の時給は1785円。

 

平均的なサラリーマンは1785円が時給だとすると、

高い給料を得ているサラリーマンの時給を計算してみると、

仮に年収2000万円のサラリーマンとして計算します。

 

労働時間は、平均的なサラリーマンと同じ年間2352時間だとすると

高級サラリーマンの時給は、8503円となります。

 

一方、経営者になると、時給1万円を超える人は少なくありません。

 

サラリーマンの枠の中だけで考えるのではなく、

副業を追加していくことで、あなたの時給はあげることができるのです。

ゼロから始める自分の代わりに働く資産づくりメールマガジン

*メールアドレス
*お名前(姓・名)
*性別
*都道府県
*年代
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事